はじめに・・・

皆さんは山本由香利というアイドルを覚えていますか?

私は高校生のとき彼女を見てから大ファンになってしまいました。

今は懐かしくも楽しかった思い出です。時々オークション等で検索するのですが、結構な金額で切抜きが落札されたりしております。

同じように好きな方がいらっしゃるのだな、と思いつつWebサイトを探してみるとほとんどと言ってヒットしません、何故だ!とても寂しいです。

私は今、由香利(ゆか里)さんはどのような活躍をされているのか分かりませんが、今でも昔の「と・き・め・き」は忘れていません。

ここでは当時の自分の恥ずかしい思い出を振り返りながら、当時の写真その他を掲載したいと思います。

ただ、ここに掲載している物のほとんどは、高校生の時に写真等を複写していたものを復刻して掲載しております。

従いまして、現在所有しているものは余りありませんのでお譲りする事も出来ません。

当Webサイト上の情報は、ほとんどが当時の記憶によるもので、資料を持ち合わせておりません、思い違い、勘違いが多々あることはご了承ください。

また、掲載している写真、素材等で不都合がございましたら、ご連絡いただきましたら即座に対処いただきます。

 本名 山本由香利 現芸名(山本ゆか里)

生年月日 1959年6月6日 生まれ神戸市 出身地 大分県

所属 東映芸能 レコード コロムビアレコード


NET系「あなたをスターに」でグランドチャンピオンにて1975年デビュー

左の写真は当時ファンクラブが出来る前に事務所に「由香利ちゃんの写真ください。」といって切手を1000円分くらい送りつけたら、右の写真のプロモーション用のはがきを沢山と、写真つきのサイン色紙を送っていただきました。
非常識な学生だった自分に対し良心的に対処してくれたプロダクションに感謝します。
当時10枚以上あったこのはがきは今は持っていません。
ここではあえて旧芸名である山本由香利として記させていただきます。

自分が高校3年間で萌えた名前はやはりこの名前だったから・・

私が由香利さんのファンになったのはデビュー当時からではなくセカンドシングルの頃だった。

新聞に掲載されていた通信教育講座の写真がきっかけだった。
これがきっかけとなった通信教育の広告写真

種類からするとかなりの数があったのではないかと思われます。

自分が所有していた掲載写真だけで3種は確認しておりました。


そんな時友人に半強制的に連れて行かれた映画
「新どぶ川学級」(1976年日活)

自分の地方では市民館で1日限りの公開であり
その辺からポスターをかっぱらって持って帰ったけれど映画の内容はほとんど覚えていない、覚えていることと言えば、ウルトラセブン、バロム1、シルバー仮面の出演者が共演していたということだけで全然覚えていない、是非DVD化して欲しいものです。

その頃、自分が目にして覚えているのが、「セイカ パルッパポーズパズル」のCM。
ピンポンパンのお姉さんのような格好をして踊りながら歌います。

これは歌のみ使用されたバージョンのCMです。
 「セイカ パルッパポーズ・パズルのCM」 歌:山本由香利

それからまもなくしてウナコーワのTVCMが始まります。
このCMを映像で残したいと思い8ミリカメラで放送時間帯を覚えて何度も撮影しました。

その映像がこちらです。  ウナコーワCM(初年度編)

私は「めっちゃかわいい!」と学校で言っていたのですが、当時こちらの地方では今ひとつの知名度で同級生からは「カイカイねーちゃん」といわれました。(T_T)

1976年の映画では山口百恵主演の映画「エデンの海」に出演。

山口百恵扮する清水巴をいじめる同級生、宮田和枝役で登場。
先生をめぐり、浅野温子と共に山口百恵をいじめます。
最近、初めて見たのですが、結構、出演シーンが多くて満足でした。あんましいい役ではないけどね。
映画的には、なんだかなー???と思える青春映画です。
ただ、これって東宝の映画なのに東映の由香利ちゃんが出ていたのかは不明。
まあ、「新・どぶ川学級」も日活ですから関係なかったのかもしれません。

映画では松田優作・舘ひろし主演の「暴力教室」(1976年東映)に溝口勝利(松田優作)の妹役で出演。
喜多条仁(舘ひろし)に犯さたうえに交通事故で死亡というなんとも悲しい結末でした。
当時、この映画のスチールセットに1枚由香利ちゃんが写ったものがあり、映画の通販ショップで1セット購入しました。
少し高価だったと記憶してますが、今もっていれば松田優作ファンにオークション等で売れたかもしれない。(残念)



TV映画では「ベルサイユのトラック姐ちゃん」がNET系で放送されました。

役名は「ユカリ」初回を覚えていないので苗字があったのか、どうかは不明。

高校生役であまり出番は多くはありませんでしたが、1つのエピソードで主役のときがありました。
しかし、その回のサブタイトルも録音のみで記していないので分かりません。

エンディングは彼女の歌う「ためらっちゃうヮ」です。
 
    
    



それ以外にTVではグリコ提供の「グリコ ガッチリショッピング」で三波伸介のアシスタントとしてスタートしました。人気番組「いとし、こいしのがっちりかいまショー」の後番組としてスタートしたわけですが残念ながら短命の番組となりました。




1976年6月26日に行われた「アントニオ猪木VSモハメド・アリ 異種格闘技戦」で花束贈呈をしたのは、山本由香利と小牧リサ(モモレンジャー)であったが、意外と知られていない。
  ロボコンでゆかり先生役、右はロビンちゃん

所属プロダクションが東映芸能であったため、テレビドラマのゲストとしては「がんばれ、ロボコン」を筆頭に「桃太郎侍」「刑事くん」等に出演は多い。
その他のレギュラーでは、松方弘樹主演の「人形佐七捕物帳」ではレギュラーで出演。

時代劇なのにOPに普段着の由香利ちゃんがワンショットだけ出演するという訳の分からないカットが未だに疑問だ。


また、土曜日の1時?の番組「笑って笑って60分」の中で10分くらいの連続ドラマ「続・哀愁学園」に出演。

でもなぜか男役に・・・(本当は女の子なんでけど、なんかの理由で男として生活しているというストーリー)

主演は黒沢浩(BG7)